前へ
次へ

エネルギーをとりすぎないように

女性から支持されている外食メニューのひとつが洋食です。
見た目も華やかで、味も女性に合っています。
ただ、生クリームやバターが大量に使われていることが多いので、エネルギーのとりすぎになってしまいがちです。
脂っこい料理は避けるようにし、生クリームやバターが使われているソースは残すようにしましょう。
素材は肉よりも魚介類をチョイスすればエネルギーのとりすぎを防ぐことができます。
最近は、肉食女子などの言葉も浸透し、肉人気がかなり高まってきました。
魚介類よりも肉が食べたいと強く思うこともあるでしょう。
どうしても肉が食べたい場合は、ポークソテーやステーキは避けることが基本になります。
脂身が多いからです。
赤身肉や鶏肉が使われているメニューを選ぶようにします。
しかし、鶏肉はカロリーが低いと言えど、皮は高エネルギーなので食べてはいけません。
ハンバーグは脂肪が多いひき肉を使っていることが多いので気をつけることです。

Page Top