前へ
次へ

炭水化物の重ね食いはやめましょう

朝や夜は家で食事することがほとんどと言う人も、お昼は外食であることが珍しくありません。
とくに、働いている人はその傾向が強いです。
外食のジャンルは多種多様ですが、男性サラリーマンから支持されているのは中華料理です。
ラーメンとチャーハンのセットは鉄板と言っても過言ではないでしょう。
ラーメンもチャーハンも調理に時間がかかりません。
出てくるまでに時間を要さないのは、忙しいサラリーマンにとっては大きなメリットです。
満腹感も得られます。
しかし、両方とも炭水化物です。
炭水化物の重ね食いは肥満のリスクを高めます。
30歳を過ぎてラーメンとチャーハンばかり食べていては、将来生活習慣病になる確率がかなり高くなるので注意が必要です。
ラーメンもチャーハンも食べないに越したことはないですが、それだとストレスがたまってしまうでしょう。
せめて毎日食べるのはやめることです。
なるべくなら、2週間に1回程度にしておくべきです。

Page Top